保育科 修業年限/1年 定員/男女50名 保育全般の知識・技術はもちろん、子育てに共感でき、保育のプロとしての誇りを持てる保育士を養成します。
保育科 修業年限/1年 定員/男女50名 保育全般の知識・技術はもちろん、子育てに共感でき、保育のプロとしての誇りを持てる保育士を養成します。

保育科の特徴

2年間で卒業と同時に、保育士国家資格と
介護職員初任者研修課程修了証のW資格取得

就職も、保育園や障害児(者)施設、児童養護施設、高齢者施設等幅広く選択でき、就職後のスキルアップにも活用できます。

2年間で卒業と同時に、保育士国家資格と介護職員初任者研修課程修了証のW資格取得

保育のプロとして即戦力となる保育士を育てます。

本科では、少人数や個別の教育、指導、きめ細やかな支援を特色としています。また、現場での体験を重視しており、 地域の保育園や児童館での保育活動、障がい児のスイミング介助等、子どもとふれあい実践できる機会をたくさん設けています。

保育のプロとして即戦力となる保育士を育てます。

主なカリキュラム

「保育の心理学」「子どもの保健」

保育対象児の心と体を理解する

乳幼児、障がい児、さらには保育者である家族にまで対象を広げ、さまざまな場面における心身の発達の特徴と問題点を理解します。

「保育心理学」「子どもの保健」 保育対象の心と体を理解する

「社会福祉」「児童家庭福祉」
「相談援助」

福祉の観点から
保育の本質・目的を学ぶ

現在の社会状況における社会福祉諸制度の成り立ちや仕組みと援助技術についての理解を深めます。人間の基礎形成期である乳幼児の健全育成に関わる保育士として、児童の多様な福祉ニーズを理解し、保育職への自覚と専門性を高めていきます。

「社会福祉」「児童家庭福祉」「相談援助」 福祉の観点から保育の本質・目的を学ぶ

「音楽表現」「造形表現」
「身体表現」「言語表現」

保育の基礎技能を身につける

子どもたちの健全な心身の発達のため、保育現場で活用できる基礎技能を習得します。

hoiku01

「家庭支援論」「保育相談支援」

家庭支援・子育て支援ができる
保育士を目指す

個々の家族の多様なニーズに応える支援を行えるよう、保育士としての役割や具体的な援助活動について学ぶことにより、専門職としての基礎力を養います。

○児童家庭福祉 ○保育原理 ○教育原理 ○社会的養護 ○保育の心理学Ⅰ・Ⅱ ○子どもの保健Ⅰ・Ⅱ
○音楽表現Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ○造形表現Ⅰ・Ⅱ ○身体表現Ⅰ・Ⅱ ○子どもの食と栄養

※一部抜粋

実習内容

本科では、正規の保育実習のほかに、1年後期と2年前期の1ヶ月に1回程度、近隣の保育園で実習を行っています。ここで、子どもを観る力を養うとともに、子どもの発達段階に応じた保育を実践します。また、1,2年の夏休みを中心に、3~4日のインターンシップ実習も行います。これらの経験により、自信をもって本番の実習にのぞむことができ、普段の学習効果を高めることにもつながります。正規の実習では、保育士として必要な資質や技術等を学び、そこで明確になった課題を克服し、保育士としての専門性を築いていきます。

実習内容

保育実習Ⅰa・Ⅱ

◎1年次:2月に10日間

◎2年次:10月に10日間(施設実習との選択)

1年次は、保育園の1日の流れや子どもの発達の様子、保育士の役割等を理解・習得します。2年次では、それまでに習得した知識や技術を用いて、指導計画を立案・実践していきます。

実習先/保育所・園

保育実習Ⅰb・Ⅲ

◎2年次:6月に10日間、10月に10日間

(保育実習との選択)

さまざまな施設についての内容を理解するとともに、施設での生活に参加し、必要な知識や技術を習得します。

実習先/乳児院、児童養護施設、知的障がい児(者)施設等

資格取得・就職について

■ 取得資格

●保育士(国家資格)

※国家試験が免除され、卒業と同時に資格が得られます。

●介護職員初任者研修課程修了証
「研修機関が公表すべき情報の内訳」

●幼児安全法支援員 ※日本赤十字社認定

●初級障がい者スポーツ指導員資格

※日本障がい者スポーツ協会認定

■ 取得目標

●福祉住環境コーディネーター

●知的障害援助専門員養成研修受講資格

(実務経験1年)

※日本知的障害者福祉協会認定

●レクリエーション・インストラクター

※日本レクリエーション協会認定

■ 主な就職先

●保育所(園) ●乳児院 ●児童養護施設 ●児童発達支援センター ●障がい児入所施設
●児童館・児童センター ●情緒障がい児短期治療施設 ●障がい者支援施設
●高齢者施設(介護保険施設、在宅サービス事業所等)

平成27年度 就職率100%

  • 詳しい資料を取り寄せる
  • イベントに参加する