介護福祉科 修業年限/2年 定員/男女40名 学生一人ひとりがそれぞれの利用者の心や体のつらさを察することができ、真心で寄り添い介護される側に立った介助ができる介護福祉士を育成します。
介護福祉科 修業年限/2年 定員/男女40名 学生一人ひとりがそれぞれの利用者の心や体のつらさを察することができ、真心で寄り添い介護される側に立った介助ができる介護福祉士を育成します。

介護福祉科の特徴

1.福祉現場で活躍する卒業生による専門分野の講義

サービス利用者が安全に安心して生きがいの持てる生活を営むために必要とされるサービス提供が、現場でどのように行われているのか、実際の取り組みより理解します。

福祉現場で活躍する卒業生により専門分野の講義

2.医学的専門分野の質の高い講義

介護福祉士が病気や障がいを抱える利用者に対応するために、必要とされる医学の専門的知識等について、東京にある姉妹校の東洋公衆衛生学院の講師と連携し、医学的専門分野の学習を行います。

医学的専門分野の質の高い講義

3.多職種連携の必要性を意識したカリキュラム

利用者の方々が、住み慣れた地域の中で、本人の望む生活実現に向けて、介護・福祉・医療等の多職種連携の重要性を学ぶとともに、学内の学科間を越えた連携演習により体系的に学んでいきます。

多職種連携の必要性を意識したカリキュラム

主なカリキュラム

生活支援技術

利用者支援において「尊厳」「自立支援」は重要な視点です。介護福祉士として、専門的な知識・技術をもって利用者の心身の状況に応じた介護が行えるように、基礎的な生活支援技術を習得します。

生活支援技術

認知症の理解

超高齢社会を迎え認知症の方も増加傾向にあるなか、認知症に関する基礎的な知識を学び、特徴的な行動を理解することにより対応方法を知ることができます。介護者の関わり方の重要性を学びます。

認知症の理解

こころとからだのしくみ

人体の基礎的な構造や機能およびその病的状態について学びます。そして、医療職を中心とした多職種との協働の基礎となるものを理解し、こころとからだの状態変化に気づく観察の視点を学びます。

こころとからだのしくみ

学科長インタビュー

実習内容

1年次から2年次にかけて450時間にわたる福祉施設実習を実施。ケアワーカーとして即戦力となるようなレベルの高い準備教育を受けます。

【1年次】介護実習ⅠA [6月(45時間)]
【1年次】介護実習ⅡA [11月(180時間)]
【2年次】介護実習ⅠB [6月(45時間)]
【2年次】介護実習ⅡB [9月(180時間)]

実習内容

資格取得・就職について

■ 取得資格

●介護福祉士国家試験受験資格

■ 目標資格

●介護支援専門員(ケアマネジャー)受験資格
※卒業後、実務経験5年を要します。
●保育士(国家資格)受験資格
※2年次より保育士国家資格試験の受験資格が得られます。
●レクリエーション・インストラクター
※日本レクリエーション協会認定
●初級障がい者スポーツ指導員資格
※日本障がい者スポーツ協会認定
●福祉住環境コーディネーター

■ 主な就職先

●介護老人福祉施設 ●介護老人保健施設 ●障がい者支援施設 ●介護療養型医療施設
●有料用心ホーム ●グループホーム ●小規模多機能型施設 ●地域福祉団体
※詳しい就職先は就職サポートページをご覧ください

  • 詳しい資料を取り寄せる
  • イベントに参加する